Studio : エコでシンプルだから贅沢なK YOGA STUDIO

オーガニックフードにこだわるように、きれいな空気にこだわりました。

東京で一番空気のきれいなヨガスタジオで、しっかり呼吸しましょう。

K YOGAの”K”は“きれいな空気”の”K”。

ヨガで大事な呼吸。だから空気にこだわりました。

 

オーガニックコットンや無農薬野菜、エコクッキング、こんなにこだわっても、毎日呼吸する空気は?

だからK YOGAは特別にこだわって、空気のきれいなヨガスタジオを作りました。

木のいい匂いが呼吸を深くする樹齢60年の天竜杉の床、

空気を浄化するスイス製の漆喰を塗った壁と天井、

子供が舐めても無害なドイツ製のニス。

渋谷区、表参道とは思えない自然の隠れ家です。

 

きれいな空気をたっぷり堪能できるよう、空間をできるだけ広く取り、あえて何も置かない少人数制のスタジオ。

シンプルだから贅沢。

東京で一番空気のきれいなLOHASヨガスタジオと自負しています。

なぜヨガは呼吸を大切にするの?

呼吸は酸素の取り入れ、二酸化炭素の排出を行う、自分で制御できる唯一の身体機能です。この制御方法、つまり呼吸法はいくつもあり、それぞれ異なる効果があります。
 
息を吐くことは副交感神経に働きかけリラックス効果があり、息を吸うことは交感神経に働きかけ心身の活性効果があります。
ヨガでは、呼吸をコントロールし、過度にリラックスしない、過度に活性化しない安定した状態を得ることを学びます。
ヨガの経典「ヨガスートラ」では、「プラナヤマ」という名前で呼ばれています。
 
ポーズの練習中に呼吸を意識する理由は、1つは意識することで無呼吸になることを防ぐ、2つは意識することで他の考えにとらわれることを防ぐ、3つは特に息を吐くときにリラックス効果が生じ、身体が伸びやすくなり、怪我などをしにくくなる、とされています。
 
こんな風に、日常的にも、ヨガの練習においても非常に大切な呼吸、できるだけ自然できれいな空気の中で行いたいのです。だからK YOGA は、こだわってこだわって漆喰や杉の床のスタジオなのです。

床の話:60年の年月を経た天竜杉は、ドアを開けるとすぐにわかります。

K YOGAの杉の床
K YOGAの杉の床

床は樹齢60年の天竜杉を数年自然乾燥させたものを使っています。杉は満月から新月の間にしか伐採しません。新月から満月の間は木に栄養が行きわたっているので、伐採した木材も乾燥する間に腐りやすいからだそうです。

 

左右が凹凸に削られた床材を組み合わせて張った床は、微妙に隙間があります。

天然の木は水分の吸収・放出を繰り返し、空気中の湿度を快適に保つのです。だから、夏場など湿気の多い時期は、水分を吸いこみ隙間が埋まります。反対に冬場は水分を放出し、床材自体は隙間が開きます。

 

万が一、傷つけてしまっても、軽い傷ならば、水をスプレーしアイロンをかけると、繊維が水を含み元に戻るとのこと。

 

適材適所の会の杉材を、天音堂の大工さんたちが張って下さいました。

スタジオのドアを開けると、森の木のいい匂いがします。昔の学校の教室はこんな風だった気が。

 

床は寒い日でもひんやりせず、裸足で歩くのが一番快適。

 

大工さんによると「ヨガマットなどひかないで、そのまま練習してもらいたいくらいだ」とのこと。確かに仰る通り。

 

もはや漆喰アート:ヨガで汗をかいても快適。晴れても降っても、いい湿度を保ちます。

八幡工業さん二代目、壁を塗る図
八幡工業さん二代目、壁を塗る図

壁と天井に漆喰を塗って下さった八幡工業の左官屋さんたち。可愛らしい女性の左官屋さんもいました。壁ができた翌日と翌々日の朝、スタジオに行ったら窓一面に水滴が付いており、又びっくり。漆喰の水分が抜けたからですね、きっと。ということは、雨の日は壁が水分を吸ってくれるのでしょうね。

 

木の床に合わせ白に近いベージュに塗った壁には、きれいな刷毛目の曲線が描かれています。生徒が座ってポーズを取るときの目線の高さに合わせて、空気の流れ、気の流れを表現しました。漆喰アートとも言うべき空気の流れ感を感じてくださいね。

 

工事最終日には、生徒・先生で集まって壁に手形を押すイベントをしました。犬のポーズを取るときの手の形です。ハリウッドかK YOGAか?

 

しかも!K YOGAは、お手洗いも特別です。漆喰を塗っているので、匂いも湿気もありません。こっそりチェックしてくださいね。ちょっとギリシア建築風です(自慢)

スイス製の漆喰とドイツ製のニスの話

床に塗ったニスはドイツ製の天然由来のアルドボスというもの、木の中に浸み込み、木の呼吸を助けます。

子供が間違って舐めても無害なので、ベビーヨガも安心なのです。

K YOGAでは、木のそのままの感じを残したかったので、この浸み込む、光沢の出ないタイプのニスを塗っています。

 

輸入元のイケダコーポレーションは、エコロジー建材の老舗、そちらの皆さんとK YOGAスタッフで一緒にニスを塗りました。

クイックルワイパーで、すーっと滑らせるだけ、思ったより簡単に塗れます。   

 

壁に塗った漆喰も、スイス製のカルクウォールというイケダコーポレーションのものです。

漆喰は湿度を調節し夏は涼しく冬は暖かい天然建材。

壁に汚れがついても、時間とともに分解され消えていくのです。

匂いも分解しシックハウスを防ぐとのこと。

さらに壁が帯電せず埃もつきにくいので、掃除も楽勝です。

 

このスタジオ何か違う、それは漆喰と杉の床の効果かも。

K YOGA Studio ☎090-4202-4076 東京都渋谷区神宮前4-3-15 東京セントラル表参道120号