2016年

8月

14日

鷺のポーズ (クラウンチャアサナ)

鷺のポーズ、水分代謝が滞りがちな冬にお勧め。

YOU先生によると、脚(ふくらはぎ、ふともも)の裏には腎臓を司る経絡が通っているそうです。

この鷺のポーズで、脚の裏側をしっかり伸ばすと、冷えやむくみの改善につながります。

どのポーズもそうですが、無理しないで、気持ちいいところでポーズをキープするのがベストです。

 

1 両足を前に伸ばして背筋も伸ばし、直角に座ります。腰が曲がらないように。

2-1 右の膝から下を外側に出し、足をお尻に近付ける。(写真上)または、

2-2 右の膝を外に出して曲げて、足を脚の付け根に近付ける。(写真下)

3 左脚の足の裏を両手で掴む、または足の裏をタオルやひもでひっかけて、その端をひっぱる。

4 背筋を伸ばす。背筋を丸めない限り、上体が後ろに倒れてもよい。

5 上になった足を、できるだけ体に近付ける。(痛くなりすぎないように注意。)

6 数回呼吸を続けて、脚の裏が気持ちよく伸びているのを感じる。

7 ゆっくり上げている足を下ろす。

8 反対の足も行う。

 


ヨガインストラクター、アシスタント募集中です。