2016年

8月

14日

開脚前屈(プラサリ―タ・パッドウッターナアサナ)

前屈のポーズは、気持ちを落ち着かせるといわれています。あなたがリラックスできるところまで頭を下に下げればいいのです。


また、背中から、足の裏、内側(体の後ろ側)を伸ばすことが目的なので、背骨が丸くならないところまで倒せば十分です。


1 両脚を広めに開いて、左右の足を平行にします。

2 背筋を真っ直ぐ上に引き伸ばしてから、腰に手を置きます。

3 真っ直ぐな背中を保ったまま、床と並行になるまで上半身を倒します。(ステップ1)

4 両手が床に届く人は、床に手を着きます。(ステップ2)

5 頭を床近くまで下ろせるときは、両手を後ろに引いて、両足の間に着き、頭頂部をその手の間に下ろします。(ステップ3)

6 ゆっくり呼吸を繰り返します。

7 手を床に下ろしている場合は、手を腰まで戻します。

8 上半身をゆっくり上に戻し2に戻ります。


頭の位置がどこにあっても、背骨と首を伸ばすことがポイントです。

ヨガポーズ:開脚前屈