2016年

8月

14日

ウッターナアサナ(立位の前屈)

下を向くので、気持ちが落ち着いたり、内臓機能を整えるとされている、ウッターナアサナ(立位の前屈)。

くらくらしないように、気をつけて練習しましょう。

足の裏も伸びて気持ちいいです。

 

1 真っ直ぐ立った状態から、股関節から上体を折り曲げる。腰を丸めず、背筋を伸ばして曲げていく。(背筋が曲がってしまう前でストップ)

2 手は届くところに置く。床、脛、太ももなど。

3 膝もつらい場合は曲げていいので、背筋を伸ばしたまま、できるだけお腹と太ももを近づける。

4 可能な範囲で、太ももを上に引き上げ、お尻を上に上げる。

5 数呼吸を繰り返した後、立ちくらみしないように、気をつけてゆっくり元に戻る。

 

背筋を伸ばす、膝を伸ばす、お尻の位置を踵の真上に持ってくる。どれもがポイントですが、できるところから意識しましょう。

写真左は、背筋を伸ばすのを優先したほう、右は膝を伸ばしお尻の位置を上げるのを優先したほうです。何もかもいっぺんにはできないので、少しずつね。

ヨガポーズ、立位の前靴
ヨガポーズ 立位の前靴2