2015年

7月

26日

おうちでできるけど、キツイ骨盤ヨガ

K YOGA 表参道のヨガメルマガ 7/26/2015

 
 
こんにちは!

K YOGAです。 
メルマガ&月曜朝ヨガ担当のKeiです。 

先週、このメルマガ書いた時は、梅雨明け直前でしたが、梅雨が明けて、早一週間にして、「もう十分夏をいただきました」という人続出です。 

でも、最近、「夏痩せした」という人、案外少なくなったと思いませんか? 
水分を取ると言う名目で、シェイクとかフラペチ-ノを、ついつい買ってしまったり。 
昼間は涼しいオフィスにいるので、食欲は落ちないし、「夏バテしないように」と言って、焼肉ランチに行くからですね。 

でも、そういうときこそヨガ!ですよ。(←宣伝宣伝) 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 

もう恒例になった「アナトミック骨盤ヨガ」。 
昨日も、「外は十分暑いのに、なぜ、さらに汗をかく?」という不条理をものともせず、たくさんのツワモノが集合しました。(レッスンの様子は、ブログで見てね↓) 

だけど、下半身は立って歩く動物の基本。月1だけじゃなくて、本当はマメにケアしたいんです。 
そこで、Tamaki先生が、「おうちでできる(けど、きびしい)骨盤ヨガ」を教えてくれました。 

イスのポーズ 

普通のヨガレッスンでも練習する、イスのポーズ。 
足の前も後ろもしっかり使います。 

アナトミック骨盤ヨガでは、ポイントはもう一つ。 
太ももの骨を骨盤にしっかりはめる。 
そうすることで、足を使う時に、安定感が出ます。 

アナトミック骨盤ヨガのイスのポーズ、おうちバージョンはこちら。 

【まず、普通のイスのポーズ】 
  1. 立った姿勢から、お尻を後ろに引き、太ももが床と平行になるまで腰を下げる。
  2. 膝が足の爪の上か、足首の上に来るように。それより前には出さないように。
  3. 横から見て、足首と脛が直角、すねと太ももが直角が、理想です。
  4. お尻をできるだけ、後ろに引く。(誰かに坐骨を後ろから押されているとイメージして、その力に負けないように)
  5. 腹筋を使って上半身を起こし、腕は斜め前に上げる

【アレンジ】 
  1. 壁を背に、少し離れた位置で、上記のイスのポーズをする。
  2. 太ももが床と平行になるようにポーズを取ったとき、お尻が壁にぎりぎり着くか着かないかの位置に調整する。
  3. お尻で壁を押しポーズをキープする。
  4. モデル写真は、こちら

*太ももを床と並行にするから、太ももの骨が骨盤にしっかりはまります。 

レッスンには、怖くて行けなくても、これなら、なんとかなりそうでしょ? 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 

今週の(ゆるいブログ) 

新しい戦隊シリーズ、じゃなくて、アナトミック骨盤ヨガ 
青春(死語?)なパワーヨガ! 
洗濯機とハチの呼吸とヨガ 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 


レッスン時間変更のおしらせ。
 
8月から、日曜英語ヨガ、時間が変更になります。 

ハタヨガフロー AM10:00-11:15 
ハタヨガソフト AM11:45-13:00 
8月4日から、1時間ずつ繰り上がります。 

なるべくして多国籍になった、日曜英語ヨガ。 
一度試してくださいね。 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 

朝ヨガパスのおしらせ。 

メルマガとニュースレターの読者の方にだけ、ご案内している朝ヨガパス。 
一ヶ月通い放題で8000円です。 

受付も楽だし、「お財布の中のパスを見ると、やる気になる」と言う人も。 
週1でも、3回回数券よりお得だから、曜日を決めてくる人も、ぜひお試しください。 

暑いときは、涼しいうちに活動を始めるのがいいですよね。 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 

お昼寝ヨガのおしらせ。 

水曜日の12時から13時半まで、お昼寝ヨガをやってます。 
暑くて寝不足の人は、昼間に少しでも眠ると大分違います。 

着替え不要の簡単ヨガストレッチでほぐして、15分ほど眠ってリフレッシュして会社に戻って下さいね。 
こちらもメルマガとニュースレターだけのご案内なので、こっそり、来てくださいね(笑) 

水曜日 12時―13時半 
入室退室自由 
担当 Vayu先生 
料金 1000円(マット代込み) 
女性限定(男性のみなさん、ごめんなさい!) 
予約不要 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐  

暑いけど、早く夏が終わらないかな、と思うほどはエンジョイしてません。 
夏はこれから。 
ヨガでリラックスして、(お昼寝もして)楽しい夏になりますように。

 

では、また次回。 
スタジオでも、お目にかかれるのを楽しみにしています!