2015年

7月

25日

新しい戦隊シリーズ、じゃなくて、アナトミック骨盤ヨガ

今日は、特に暑かったような・・・

そして、アナトミック骨盤ヨガも、特に熱かったような・・・


アナトミック骨盤ヨガは、骨盤周りの筋肉を鍛える、エクササイズ要素が高いヨガ。


「骨盤ヨガ」と聞いて、女性向けのリラックスしたヨガと思いがちだけど、そうじゃないんです、これ。


女性だと、年齢とともに、これまで経験したことのない不調が、次々起きてきます。それを「年を取ったら骨盤が開いてきた」などと、ざっくり表現することも多いですね。


だけど、正確に言うと「年を取ったら、骨盤周りの筋肉が衰えて、腰回りに脂肪がつきやすくなった」、「背骨の土台となる骨盤が安定しないため、体を支えにくくなり、体が必要以上に緊張してストレスがたまりやすい」ということなのです。


だから、レッスンも、かなり厳しい。上の写真、普段のヨガでいうチェアポーズ、これを75分のうち20分は練習します。


このポイントは、脚を骨盤にはめる。そうすることで、脚の動きが改善されます。(この話は、この前のイベントのときも書きました。こちら


で、足がしっかりはまったら動かす。膝を少し曲げたウォリアー3など、ホールド時間も長い。あちこちで、「はあああ」というため息が聞こえるのです。Tamaki先生の応援がなければ、戦えません。(戦いじゃないけど)


だけど、汗だくになって、動いた最後のシャバアサナは、とても気持ちいい。骨盤周りがスムーズに動くと、リラックスにもつながると、Tamaki先生が言っていた通りでした。


帰るときは「まだ10時前なんだけど、今日一日分以上の活動をして、残り15時間ほど大丈夫かな?」と、少し不安だったけど。


でも!

実は、残り15時間、むしろ体が軽い。

予想以上に動けるし、恐らく、あと数日は、そんな状態を維持できます。頑張った自分を、少しほめたい気持にもなります。


今日は5人の戦士たち。(だから、戦いじゃないんだって・・)

「頑張りました」感いっぱいの、すっきりした笑顔が、本当にいいなと思います。

「アナ骨戦隊、ヨガレンジャー5!」みたい。


じき、次回のレンジャー募集も、始まります。こぞって、応募して下さいね!(オーディションか・・)


ヨガインストラクター、アシスタント募集中です。