2015年

7月

22日

青春(死語?)なパワーヨガ!

自分が毛皮のある動物じゃなくて、本当によかった。夏に強いはずの猫ですら、ぐったり。まあ、この猫は特別に太ってるから、なおさらだと思うけど。

 

春先に毛を刈りとられる羊とかも、その時は、猛烈に抵抗するかもしれないけど、きっと今頃は、農夫さんに感謝してるはず。

 

刈りとったら両腕いっぱいにもなる羊毛がくっついたまま、夏を迎えるとしたら、もし自分が羊なら悶絶間違いなし。極上の純毛もこもこセーターを重ね着して、夏を過ごすようなもんでしょ?

 

ばあああああ、と絶叫し、川にまっしぐらに飛び込む。

ばーあ、川の水は、ひんやり気持ちいい。

川から上がったら、羊毛が水を含んで重いっ!

乾かすために、駆け回って、また暑くなる。

 

この繰り返しで、夏が終わるころには、羊毛の下は、げっそり痩せてるかも。


こんな羊がいたら、笑っちゃう。

モンゴルとか、羊が普通に飼われている地域には、こういう笑い話ありそう。

 

おとといのパワーヨガ。

何しろ、朝から暑い。梅雨明け1日目にして、これじゃ先が思いやられる。みんな、口々に同じことを言いながら、冷房の利いたスタジオにやってきました。

 

そして・・羊毛どころか、エアリズム的、かなりの薄着で戦いに臨んでも、「冷房の意味はあったのか?」というほど、汗かきます。

 

最近よく練習する、トカゲのポーズや、ヘッドスタンドなど、チャレンジポーズ一杯。

この日は、ベーシックだけど、みっちり体幹を鍛えるポーズが多かった気がします。

 

みんなと一緒だから、頑張れる。(ももクロ?)

よれよれになっても、あきらめない!(青春!)

「3,2,1」とカウントがかかると、再び戦う。(プロレス?)

いや、そうじゃなくて、ヨガヨガ。

 

90分後には、若干「夢から覚めました」な体。

 

入れ替わりで、のびのびヨガに来た人が、「この前は、どんなレッスンだったんですか?みんな、なんか足元が・・・」と、訝しげ。


いや、これはこれでいいんです。

パワーヨガだから。(←意味分かんない人は、一度出てみてください。すぐに分かってもらえると思います。)



ヨガインストラクター、アシスタント募集中です。