2015年

5月

10日

聞く、はコミュニケーションの原点、ヨガでも。

5月5日のゴールデンウィークイベント第二弾は、「陰ヨガが初めての人のための陰ヨガ」。今回は陰ヨガの中でも、ベーシックな動きが中心でした。背中や腰がすっきりした人も多いと思います。

 

初めてのヨガが陰ヨガだったと言う人もいて、「不思議な感じだった」という感想も、もらいました。

 

ヨガに慣れないと、どこを伸ばしているかが実感しにくかったりします。ポーズについていくのに、精一杯なんてこともありますね。

 

慣れてきたら、今度は、ぎゅうぎゅう前屈しようとしたり、肩に力が入ったままなのにアップドッグに挑戦したり。

 

陰ヨガは、殆ど動きません。今、何をしているのか、自分の体がどうなっていくのかを、じっくり観察します。他に何も考えない時間は、慌ただしい毎日の中では味わえないリラックスにも、つながります。

 

どのポーズも、最初は、あまり言うことを聞かない自分の体と折り合いをつけて、痛くない位置で始めます。それから、そのポーズのまま、じっとして、体が本当に痛くないか、不快じゃないかを細かくチェックしていくのです。痛いようだったら、もう少し楽な位置に直して、もう一度チェック。

 

だんだんと体も納得してきて、「もう少し深く前屈できますよ」、「もう少しゆるめてもらってもいいですか?」なんて、向こうから口を開くようになるのです。

 

そして、あなたも、あなたの体も、両方が心地よくなっていきます。

 

これって、コミュニケーションのノウハウそのものですね。

最初は適当な距離をおいて、それから、相手の話をよく聞いて、信頼関係を築き、最後に相手からYESを引き出す。こうやってWIN-WINが達成される。

 

陰ヨガに参加した方は、それぞれの感想があると思います。

あなたの陰ヨガは、どんな陰ヨガでしたか?

 

写真は、レッスンの後半に練習したねじるポーズ。もう、このころには、すっかり体がゆるんで、半分眠りかけた人もいたかもしれないですね。

 

Tamaki先生の陰ヨガは、毎週火曜日10時半から楽しめます。