2015年

5月

12日

面倒くさい女子のためのビューティヨガ(メンズこそ、ちゃんと読んでね)

GW最終日5月6日は、りいの先生の「休日遅め朝ヨガ-後ろ姿ビューティ編」。

 

ご覧の通り、ビューティ女子が、たくさん(何と16人!)。スタジオは、ぽかぽかして、何となくいい匂いがしました。これは、レッスンの後、後ろ姿が締まった(はず)のところです。

 

女の人の後ろ姿は、髪型もウェアもいろいろ。見てて楽しいし、華やかだし、お人形がたくさん並べられた棚みたい。

 

前回(4月29日)と、また違うポーズ。

りいのオリジナルの、後ろ側を締めるポーズでは、あちこちでうなる声や、深いため息、それから笑い声も聞こえました。


普段の体の使い方の癖などで、それぞれ効く場所も違います。脚や背中や、「肩が楽になった―」と嬉しそうに帰っていった人も。


締まるとか、やせるとか聞くと、がぜん頑張るのは女子の本音。「もう、若くないから~」なんて言う人がいたけど、いやいや、ここで頑張っちゃうってことが、若いってことなんじゃ?


ちなみに、ここまで読んだ男性は、「だから~面倒くさいんだよ」って思ってるかも。

『もう若くない』って彼女が言うから、『だから~無理するなよ』って、優しく気づかってあげたら、怒るし。

別のときに『まだ、若いじゃん』って言ったら、『だから~若くないんだってば(怒)』と、思いっきり言い返すし。

(女子の「若くない」発言に対する、正しい回答は、また後日。)


女子は面倒くさいから、いいんです。いいものは、たいてい面倒でしょ。


素敵なプレゼントは、開けるのが面倒なほど、たくさん包装されてます。取説が沢山ついてる機械ほど、高いですよね。(←取説には、いろいろな話があり、それもまた後日に。)


ゴールデンウィークが終わって、もう1週間。今思えば、のんびりして、だらだらして、楽しかったな、なんて。その時は、あまり、そういう気もしなかったのに。


また、なまっちゃった人は、金曜のビューティヨガで続きをやってね!