2015年

4月

20日

一歩前に進むより、難しいヨガ@K YOGA表参道

久しぶりの晴れ ☀


今日、朝起きてから何本の木を見ましたか? 

どんどん木が緑色になっていきます。

陽があたった分、上に横に伸びるんですよね。 

私も日射しを浴びると、それだけで元気になる気がします。(←光合成体質?)

 

木のポーズ、アライメントがとてもきれいなKazuyo先生の朝ヨガの前の写真です。簡単そうに見えるけど、こんなにきれいに立つのは本当に難しいのです。

 

だいたいは、片足で立つことや、上げた足の裏をできるだけ上げようとするあまり、腰を外側にずらしてバランスを取りがち。

 

そういう一生懸命な努力は素晴らしい。

まずは、ここから。

よろよろしても楽しむ。

バランス崩しても楽しい。

 

そして、そこまできて、やっと考える余裕ができる。

実はここからがヨガだったりします。

 

木のポーズは、片足でも普通に立っているのと同じ位置を保つ練習でもあるのです。

 

腰の位置も、床と並行。片側にずれたりしません。

真っ直ぐに立っているときは、そうですよね?

 

腰の位置がずれそうなら、上げた足を少し下げて調整する。

内腿と足の裏で押し合って真ん中にバランスを持っていく。

足先が床に着くくらいでもOK。

 

でも、せっかくここまで足上がったのに、せっかく片足で立てたのに、と思って、なかなか「その一歩前に戻る」ことができないのです。誰も何も気付かないし、気にしないのにね、自分以外は。「一歩前に進む」より、ずっと難しい。


ヨガの道は本当に遠い。

まずは、ぐらぐらしても楽しい、くらいから、始めましょ。 


ヨガインストラクター、アシスタント募集中です。