2015年

1月

12日

祝日遅め朝ヨガ:ヨガ&ピラティス、わかったのは、難しいということでした@K YOGA表参道

今日の「祝日遅め朝ヨガ:ヨガ&ピラティス」金曜朝ヨガ担当、Miki先生のレッスンです。


K YOGAにはピラティスのレギュラークラスがないので、ピラティス初挑戦の人も多かったようです。正直、難しい。


お腹に手を当てて動かすところを意識する、座った時に床に当たる骨を意識する、動きは地味だけど考えることが色々あります。

例えば、座るとき。


背骨を伸ばして綺麗に座るまではできるかもしれない。


けれど、お尻のほっぺの真ん中にある二つの坐骨、前側の恥骨、後側の仙骨、この4つの骨でひし形を作ったところが、座るときの基本なのです。そんな風に考えて座ったことありませんでした。なるほど!


お腹も同じ。お腹の下のほうをくぼませて、つまり、インナーマッスルを使って、ねじったり伸ばしたりします。だけど、動いているだけ。必要な場所が使えてるのか、なかなかわからない。


頭ではわかっても、きちんとできているかは、わからない。


「強度を高くして、必要な部分に十分意識を向けられないまま、動いた気になるだけのクラスにはしたくない」と言っていたMiki先生。


「わかった」、「できた」とは、もちろん言いません。わかったのは、「意識を向けるのが難しいこと」でしょうか。おかげで、今年もやること沢山できました。楽しみー

K YOGA祝日遅め朝ヨガ ヨガ&ピラティス