2014年

12月

27日

108回のサンサルテーション:言うまでもなく楽しいヨガだった@K YOGA表参道

今日の「108回のサンサルテーション」


シンプルな太陽礼拝に、ウォリアーや三角のポーズなどを次々加えていくMizue先生オリジナルの「108回のサンサルテーション」。


スタジオをオープンすると同時に、沢山の人がやってきて、写真のような、賑やかなレッスンになりました。


始まって30分ほどで、スタジオのガラス窓が、みんなの熱気で曇り始め、終わるころには、真っ白。先生が指で絵を描いてました。


先生の今年最後のヨガは、言うまでもなく一年の集大成。当然、笑ったり、大きなため息や、楽しいリードで、108回はあっと言う間でした。


70回位が、一番きびしかったかな。

始めは、注意力散漫。一生懸命やるうちに、「まだ60回か」みたいな考えもなくなっていく。「あと8回」と聞くころには、終わるのが寂しくなる。


何かに取り組むときって、いつもこうじゃないですか?

後で寂しくなるのなら、今この73回目を一生懸命やらなきゃ。

いずれ、終わるのだから。


写真を見たら、一目でわかる。

みんな、108の何かを祓い終わったのか、すっきり。

100%笑顔の人もいれば、それすら突き抜けた静かな笑顔の人も。


参加された皆さん、ありがとうございました&お疲れ様でした。

腕痛い、お尻痛い、脇腹が・・・と、今もう大変な人もいるかも。

でも、身軽になった分、フットワークはきっと軽い。明日もいい一日になりますように。