ひっくり返すと?ヨガポーズの不思議@K YOGA表参道

下向きの犬(with variation)、ダウンワードドッグのポーズは、どんなヨガのクラスでも、だいたい最初のほうに練習します。


手のひらと足の裏でマットをしっかり押して(踵は床に降りなくても可)、お尻はできるだけ上に、肘の間に耳。首もすくめず、伸ばします。


こんな風にベーシックなポーズだけど、やること沢山。あれこれ考えると、なんか呼吸がヘンだし。


Rock'N'yoga担当のTamaki先生が言うには。

「ダンダアサナをひっくり返してみて!」

下の写真を90度倒して見てみると。

なるほど!


ダンダアサナ(杖のポーズ)はベーシックな座るポーズ。

脚を前に出して、踵を直角に立てる。肩を楽におろして、背筋を上に。(腰が伸びにくい時は膝を曲げて、背骨を伸ばすほうを優先します。)背骨と一緒に足の裏からお尻が伸びます。


よく、レッスン中に、自分で観察するとか、気付きが必要、と言われるじゃないですか?それって、こういうことなんだなあ。


ヨガに限らず、いろんなとこで、こんなことある。