鼻水トークとヨガの呼吸@K YOGA表参道

今日は、Tamaki先生と、(どこがヨガなんだ?な)鼻水トーク。

 

 風邪が治った後も、鼻水と鼻詰まりを繰り返し、苦しい~という10日を過ごし、やっと復活しました。鼻の皮もむけて痛かったなー。

  

 でも、ヨガ、それも動くタイプのヴィンヤサヨガをやると、鼻詰まりがすっと通るのです。Tamaki先生も、花粉症のときに、ヨガをやると鼻が通るそうです。


 鼻にはフィルターとしてバイ菌を通さない機能があります。風邪などで大量の病原菌が体に入ると、鼻水を大量に出して、病原菌を排出します。


 さらに鼻の粘膜が炎症を起こし、鼻腔が狭くなると鼻水が出にくくなります。汚れた鼻水の粘度が高くなり、一層詰まるのです。体を温めると、炎症を起こした部分の血行も良くなるので、鼻が通りやすくなるそうです。

 

 ググると、こんな説明でした。なるほど、ヨガの呼吸は体を温めるので、鼻が通るんですね。

 

 べったりした鼻水は、病原菌と闘った白血球と、やっつけられた病原菌が一杯、修羅場の後。白血球さん、どうもありがとう・・と言うべきかも。


 ちなみに、剥けた鼻の皮は、一日ほどで、あっという間に再生しました。切羽詰まると、やっぱり体は頑張ります。