「隣の人と比べる」というヨガ上の慢性疾患について@K YOGA表参道

らk

前屈のとき、隣の人が楽々手を床に付けていると、自分は床に届かないのが、くやしい。
そこまで体が硬いわけじゃないので、頑張ったら床に手は付くけど、そのときには頑張りすぎて呼吸がヘン。
先生に「膝を少し曲げて、お腹を太ももにのせると付きますよ」と言われても、膝を曲げると「負けた感」いっぱい。

「隣の人と比べる」という、この症状はヨガビギナーを卒業したあたりから出始め、ベテランヨギ・ヨギーニになっても完治しないことも多いのです。

まれに「できないのに無理しないの!」みたいに諭す先生もいて(K YOGAにはいませんが)。
その通りなんですけど、「そんな風に言わなくてもいいじゃん」と、かえって、むっとしたりする。

本当に困った症状です。
自分って、そうなんだよね・・と、思ってもなかなか治らない。まずは慢性疾患だと認識して、あせらず治療しましょう。

写真は、胸を開く「らくだのポーズ」のバリエーション。
ふくらはぎに載せたボルスターの上に手を付いて上体を支えます。胸を開くのが苦手だったり、腰痛気味の人は、踵や腰に手を当てて深く反る前に、このくらいの段階を踏んだほうが安全で、胸を開くことにフォーカスできてお勧めです。