2014年

3月

26日

非日常を学ぶこともヨガ@K YOGA表参道

ウッタ―ナアサナ、立位の前屈。内臓の機能を整えるとされています。

軽い逆転ですが、パワーヨガでも、少し上級のヘッドスタンドで逆転の練習などもします。

 

Mizue先生によると、ヨガでは、逆転は体へのアプローチの他、非日常を受け入れる練習だそうです。なるほど。

 

逆さまになるのが、非日常だとしたら、人間は頭が下、脚が上、のとき。

じゃあ、魚は?お腹を上に出して浮くときですか?

でも、そういう状態の魚は明らかに、具合がよくない・・・

だから非日常?

非日常とは、”いいことの反対”なんでしょうか?

それとも、良くも悪くも、普段起きないことですか?

でも、練習するということは、受け入れがたいこと、ということでしょうか。

 

犬は?猫は?

こうやって、妄想は続く・・

そして、またMizue先生曰く。

日常や非日常など、心の感情は、人間だけが持つものとされているんです。

人間でないものは、心がないとされています。

 

まだまだ、わからないことが沢山あり。

だけど、人間でよかった、考えることできますから。

だから、考えることも意味のあることかな・・

 

ときどき深いパワーヨガはこちら

立位の前屈の詳しくはこちら。

ヨガインストラクター、アシスタント募集中です。