2014年

2月

11日

楽だと思いこんでいるだけの、実は楽ではないヨガポーズの位置

ヨガの正しい座り方

昨日のパワーヨガ。

”無理しないで楽な位置でポーズをキープしましょう”とよく先生たちは言います。では”楽な位置”とは?

 

Mizue先生によると、”本当は楽でない位置を、楽だと思い込んでいる”とこともあるそうです。

 

 

例えば、私は胡坐のとき、腰が反り気味であばら骨が前に付き出るような座り方。今は腰が痛くないだけで、実は腰に負担がきやすいとのこと。でも自分では腰が丸まっておらず、きれいで楽に座っているつもりだったのです。(イラストの真ん中)

 

でも、恐らく横から見ると、背骨が前倒し、骨盤は真っ直ぐだけど、床と垂直ではないはず。坐骨まで真っ直ぐに落ちるべき、頭の重みが腰の湾曲した部分に落ちて、腰に負担が来るんですね。

 

一方、腰が後ろに倒れて背中が丸まって、骨盤が立たない場合もあります。(イラストの右)これも腰に負担がきやすくなります。

 

どちらの場合も、お尻の後ろ側に薄くクッションを敷いて座ると調整しやすくなります。

一番負担のないポーズはイラストの左側、頭の重みが坐骨まで真っ直ぐに落ちて、どこにも負担がかかりません。

これが、本来の”楽な位置”です。

 

座るポーズ一つでも、学ぶことは沢山ありました。

この日のMizue先生の話は、書ききれないほど深かったので、後日また、お伝えします。

 

パワーヨガ

月・土 AM 1030-1200 by Mizue先生