2014年

1月

27日

体が硬い、という人がヨガをやるとき

三角のポーズ、トリコナアサナ
三角のポーズ、トリコナアサナ

K YOGAで、「初めまして」の方の大半の最初の一言、「体硬いんです」。

「ヨガの場合、柔らかくないからダメということはないです」、先生たちは、よくこう言います。

しかも、大抵の方は、「全然硬くない、むしろ柔らかいほうです。」というのが先生の見立てです。

 

体が硬い、柔らかいだけではなく、「xxでないから、ダメ」と考えてしまうことありませんか。「あなたが思うより、ずっとあなたはxx(ここ、ほめ言葉入ります)という声や、「xxがダメでも、○○ができていいですね」という声には耳を傾けない。

 

あー、もしかすると、硬いのは体じゃなくて、耳かもしれない。

 

写真は、Maki先生のトリコナアサナ(三角のポーズ)、相変わらずながーい手足で。初めての人は、脛まで手を伸ばさないで、膝くらいでもいいそうです。その代わり、胴体は、両側ともできるだけ伸ばします。