腰痛とヨガとアヒンムサ

膝をつくランジのポーズ
膝をつくランジのポーズ

Miki先生はボディコンディショニングも専門にしているので、ときどき体の不調の対策についてレクチャーしてくれます。

 

今日は腰痛の話で。

腰痛対策ヨガとして、腰を丸める前屈ポーズが紹介されていることがあります。

でも、腰痛の原因が骨盤後傾、背中全体が後ろにしなったC字のような形になっているときは、前屈は骨盤を一層後傾させるので、あまりお勧めではないそうです。

結果は同じ不調でも理由によって対策は異なります。困った時は、やはり先生に聞くのがいいですね。

 

写真は、骨盤を前傾も後傾もさせず、垂直に保つランジのポーズ。上に反るときも、腰を反らせるのではなく、胸が上を向くようにします。このポーズは骨盤をあるべき位置に置くことで、腰痛緩和に役立ちます。

 

もっと重要なのは、痛みを覚えるようなことはしないこと。ヨガで教わる大事なことの一つは、アヒンムサという、人にも、自分にも痛みを与えないということでした。