参加した人たちから、こんな話を聞きました

初回体験の申し込み・お問い合わせ

2015年

8月

02日

みんなのクロウ(カラスのポーズ by メンズヨガ)

「体硬いからヨガはやだ」というメンズは多いのです。

 

でも、「メンズだからカッコいいヨガ」も、たくさんあって、このクロウ(カラスのポーズ)は、その一つ。

 

これは、昨日のメンズオンリーヨガの後、撮らせてもらった,三羽のカラス。レッスンで戦った後なので、スタジオが散らかってるのは、許してね。


「おおっ、やってみたらできた」な新人カラスさんから、余裕の先輩カラスまで、やっぱり楽勝感漂っています。

 

もしかして、やっている人は、楽勝じゃないかもしれないけどね。

それに、実は地道に練習したのかもしれなけど、そういう感じを見せないのが、なおさらカッコいいです。

 

こうやって見ると、シルエットもカラスっぽいし。

 

このポーズ、女性は腕力で劣るので、人によってはできるようになるまで、少し時間がかかる。その意味では、憧れポーズの一つなのです。ガン!と顔を床にぶつけそうで怖いんですよね。顔は女子の命だし?

 

さて、夏のメンズヨガは、少しゆるめ。

(「じゃないだろっ」というツッコミがあるかもしれませんが、出た人から・・)

 

夏は、スタジオに来るまでに、汗をかききっているので、メンズパワーヨガといっても、少しペースを落としています。必要以上に、体を酷使するのがヨガではなく、その根本にある、体の使い方を覚えたり、考え方を学ぶのもヨガだから、とはMizue先生の話です。

 

それでも、簡単なポーズを繰り返して使っている場所を意識する、呼吸は止めない、ブランケットなどを使って正しいポーズを取る、首をすくめない、やることいっぱいで、結局、レッスン終わると風呂上り同様にはなるんですけどね。

 

でも、1年365日、いつやっても、男性は一球入魂。ここが女子と違うところ、良くも悪くも。

 

「ナマステ」と挨拶して、レッスンが終わった後のスタジオは、高校野球の試合が終わった後さながら。甲子園球場で、汗だくでも、すっきりした顔付きで、走って散らばってく球児みたいです。


0 コメント

2015年

7月

14日

脚が長くなるヨガ..は、残念ながらない

先週のメンズヨガに、東欧出身の男性が来ました。ひとしきり雑談した後、

「日本に何年いらっしゃんですか?」

「15年」

「・・日本語話せるんですか?」(ここまで英語)

「はい」

 

先言おうよ、先に。

 

表参道に、茶道を習いに来ているのだそうです。

平日は仕事で忙しいから、週末は心を落ち着けたいと、茶道を始めたとか。そして、体調も整えたいので、メンズヨガにも来た。お手本のような充実の週末じゃないですか。

 

背が高く脚も長い、こちらの男性を見ていたら、昔、アメリカの人と、男性の趣味(好み)の話をしていたのを思い出しました。


「イケメン、お金持ち、脚が長い(←言いたい放題)」

と言ったら、

「最初の2つはわかるが、脚が長いってのはなんだ?人間は脚が長いもんだろう?」と言うのです。


「No, no, no, no!」

と、日本人の友人(男性)と私。 

 

ヨガで痩せる、は、まあまああるけど、ヨガで脚が長くなる、なんて聞いたことない。O脚やX脚の形が整うことで、長く見えるようになるというのはありますけどね。

  

さて、以前、ヨガ体験談を書くために、メンズヨガに参加された方をご紹介しましたが、体験談はこちらです。(↓)カラスのポーズ、頑張ってますねっ。彼も、足長いです。

 

そのブログはこちら。

http://www.sexymo.co.jp/body/mens_yoga.html


ぁああ、今日はとりとめなさすぎなブログでごめんなさい。

暑いもんで.. m(_ _)m


0 コメント

2015年

7月

08日

(続)ヨガ・ビフォーアフター:前屈編

昨日、水曜の朝ヨガ


先週の続きで、ヨガ・ビフォーアフター。

いつも、りいの先生の朝ヨガに参加される、お二人の前屈のポーズを撮らせてもらいました。


お団子ヘアの彼女に注目。

上の写真が、最初の前屈。

下のが、アフター。


この間に何をしたかというと、少し休んで深く呼吸をしただけなのです。

わーお!


風にしなる、柳の枝みたいです。

何に抵抗するわけでもなく、ただただ自分の重みで下に下りていく感じ。

こんな風に力が抜けたら、気持ちいいでしょうね。

本当にいい感じ。


さて、この日は、夏も近いせいか、、女子的キーワードが一杯のレッスン。

二の腕がぷるぷるするチャトランガのバリエーションや、ヒップアップに効くというか、効きすぎるポーズ。


で、途中で笑いだす人続出。

想像を超える(ハードな)ポーズに悶絶の後は、楽しくなってきて、大きな口を開けて笑いたくなる。何故ですかねー。


0 コメント

2015年

7月

04日

うなされちゃうメンズヨガ

「肩耳遠くー」

この声が耳から離れず、うなされるメンズ。

 

まあ、若干脚色入ってますが。


メンズヨガで、Mizue先生がいつも話すのがこの言葉。

 

頑張るあまり首がすくんで、いつも目いっぱい肩に力が入ってる。

こんな人が多い。

 

しかも気付かないままだから、肩コリや、呼吸が浅くリラックスできない状態が続くのです。


でも、ヨガには、首がすくんでいいポーズは、はっきり言ってありません。

首は長く肩は力を抜いて。

 

で、ある男性が言うには。

 

いつも、この言葉を聞いていたら、ある日、自宅でも自分の耳に、リピート再生されていた!!

「肩耳遠くー」

「肩耳遠くー」

そのたびに首を長く伸ばしてる自分がいたのだとか。

 

いいですねっ!

 

だって、レッスンでどれだけ姿勢を整えても、あなたの生活の大半はヨガスタジオにはないのです。

 

だからスタジオにいない時間に、どれだけスタジオでやったことを実践できるかが、大事。

 

普段から、Mizue先生が言うように、肩の力を抜くことができたら、きっと毎日が5%くらい楽になるような気がします。

 

注:なんで5%か?

レッスンで、自分の姿勢に本当に集中できている時間って何分くらい?せいぜい10分くらいでしょう?

1日24時間のうち、約16時間起きているとして。さらに自分に意識を向けられる時間は、その半分くらい。仕事したり、電車に乗ったりしますからね。

10分/60分 x 8時間/24時間 =5.6%

 

【お知らせ】

夏休み目前、7月25日、Mizue先生のイベントがあります。


”Mizue先生の夏の陰ヨガ”

7月25日(土)

AM10:30-12:00

(この日はパワーヨガは休講、のびのびヨガ、メンズヨガは通常通りです。)

だいたい12名くらい。

 

レギュラーレッスンにはない、

Mizue先生の陰ヨガ。

滅多に受けられません。

お見逃しなく。



0 コメント

2015年

7月

02日

ヨガ・ビフォーアフター:前屈編

ヨガのポーズは、あるとき突然できるようになる。


ん?(初めてだから状況がわからない)

そして

できた!(やっとわかる)

 

ほんの一瞬だけど、このステップを踏んで、じわじわとうれしくなってくる。


「これ、こんなに伸びるんだあ!」と、一人で感激していると、みんなは次のポーズに移ってて、慌ててついていく。

 

この一瞬は大事、大切にしないと。なぜなら、本当のハードルは、2回目より先にある。

 

次のレッスンで、そのポーズになると、

「この間はできたけど、今日はできるのかな。あれは、まぐれじゃないよね。」なんて、さらにどきどき。

 

前回は、できる気がしてなかったので気楽にやれたのに、今日のほうが、かえってプレッシャー。

 

で、できなかったりする。

 

やっぱりね。

こんなもんだと思ってた。

 

もう一度やりたくても、ポーズはどんどん進む。最初の感激が大きいほど、がっかりする。

 

でもヨガのいいとこは、ポーズがどんどん進むこと。進みましょ。


ヨガのもっといいとこは、3回目があること。4回目も5回目もある。そして、もう一度できるときが来る。


「あ、できた」と、大分クールな対応で、控え目に喜んでみる。大喜びの後の失望も経験済みなので。

 

そして、できたり、できなかったりを繰り返し、「できても、できなくてもいいや」と思えた時に、できるようになってたりする。

 

写真は、りいの先生の朝ヨガのときの前屈ビフォーアフター。1回目は上の写真、2回目が下。

 

決して劇的な変化じゃないとこが、リアル。

だけど、明らかに違います。

これが、昨日。

 

来週はどうかな。


0 コメント

K YOGA Studio ☎090-4202-4076 東京都渋谷区神宮前4-3-15 東京セントラル表参道120号