K YOGAブログ:引っ越しました。これからもよろしくお願いします!

K YOGAブログ引っ越しました。

新しいブログはこちら。

これからもよろしくお願いします!

 

初回体験の申し込み・お問い合わせ

2015年

8月

02日

みんなのクロウ(カラスのポーズ by メンズヨガ)

「体硬いからヨガはやだ」というメンズは多いのです。

 

でも、「メンズだからカッコいいヨガ」も、たくさんあって、このクロウ(カラスのポーズ)は、その一つ。

 

これは、昨日のメンズオンリーヨガの後、撮らせてもらった,三羽のカラス。レッスンで戦った後なので、スタジオが散らかってるのは、許してね。


「おおっ、やってみたらできた」な新人カラスさんから、余裕の先輩カラスまで、やっぱり楽勝感漂っています。

 

もしかして、やっている人は、楽勝じゃないかもしれないけどね。

それに、実は地道に練習したのかもしれなけど、そういう感じを見せないのが、なおさらカッコいいです。

 

こうやって見ると、シルエットもカラスっぽいし。

 

このポーズ、女性は腕力で劣るので、人によってはできるようになるまで、少し時間がかかる。その意味では、憧れポーズの一つなのです。ガン!と顔を床にぶつけそうで怖いんですよね。顔は女子の命だし?

 

さて、夏のメンズヨガは、少しゆるめ。

(「じゃないだろっ」というツッコミがあるかもしれませんが、出た人から・・)

 

夏は、スタジオに来るまでに、汗をかききっているので、メンズパワーヨガといっても、少しペースを落としています。必要以上に、体を酷使するのがヨガではなく、その根本にある、体の使い方を覚えたり、考え方を学ぶのもヨガだから、とはMizue先生の話です。

 

それでも、簡単なポーズを繰り返して使っている場所を意識する、呼吸は止めない、ブランケットなどを使って正しいポーズを取る、首をすくめない、やることいっぱいで、結局、レッスン終わると風呂上り同様にはなるんですけどね。

 

でも、1年365日、いつやっても、男性は一球入魂。ここが女子と違うところ、良くも悪くも。

 

「ナマステ」と挨拶して、レッスンが終わった後のスタジオは、高校野球の試合が終わった後さながら。甲子園球場で、汗だくでも、すっきりした顔付きで、走って散らばってく球児みたいです。


0 コメント

2015年

7月

30日

最近、何にイラッとした?@陰ヨガ

7月25日の「Mizue先生の夏の陰ヨガ」

 

とても沢山の人が参加されて、何人くらいだろ、15人はいたような。

 

Mizue先生の陰ヨガは、体を整えるのと同じように、気持ちを整えることにも、時間を使います。

 

夏は開放的になり、気持ちが外ばかり向きがち。

歩けばいいのに、ついぴょんぴょん跳ねて、先に進むような毎日になる。

自分や、周りのことに気を配ることも忘れて、気付いたら、何もかも大雑把にやり過ごしていたりします。

 

「最近、イラッとしたことは何ですか?」

とは、Mizue先生からの問いかけ。

どんなことでもいいのです。

短絡的に、イラッとするのはよくない、ということではありません。


自分の中にあることを、少し整理してみる。

結論が大事なのではなく、自分の気持ちに集中する時間が大事なのです。

 

でも、みんなのイラッに共感して、笑って和むのも、楽しい。

ある人が、こんな話をしていました。


コールセンターに電話をすると、

 

xxは1を、○○は2を、△は3を・・(長いよっ)←イラッ度90%

 

オペレーターとのお話しをご希望の方は13を、(やっと来た)←イラッ度80%

 

おかけになった電話は大変込み合っております。しばらくしてまたおかけ直しいただくか・・・(これかよっ)←イラッ度145%!

 

とか。共感しますよねー。

 

他にも、「(あまりにイラついて)靴投げようかと思った」なんて、ステキな発言も飛び出し、拍手しそうになったり。

 

「こんなことで、イラッとしてはダメだと思った」という人も。実際、爆発的にイラッとした後、少し時間がたって冷静に考えると、「なんで、あんなに怒ったんだろう」と思うことありませんか?

 

みんな、色々なことを、それぞれの受け止め方で考えていたみたいです。

 

さて、レッスンの後、何人かの生徒の方とお昼ご飯を食べに行きました。


青山大学のそばにある「せんきち」というカレーうどん屋さん。和風のカレーというよりは、スープカレーのカレーうどんバージョンと言うのが近いと思います。

 

その中でも、一番辛いメニューで。(←中国人に勝てる)

もう少し辛くて、ボリュームがあってもいいかもしれない。

でも、おいしいおいしい。

 

陰ヨガで、自分の中を観察し、ポーズを取って体を休めて、最後は栄養補給。なかなか、収穫の多い土曜日でした。


0 コメント

2015年

7月

25日

「ごちそうさま~」な朝ヨガ

デフォルトで、熱い(暑いじゃなく)としか言いようのない、今日この頃。レッスンの後、マットを干している窓辺も、爽やかに見えて、ほぼ海辺です。


今日は少しましだったかなあ。


金曜の朝ヨガは、一週間を締めくくる人たちが沢山来ます。


レッスンはのんびり。


やっていることは、結構しっかり体を動かしているのですが、おっとりしたMiki先生の雰囲気も相まって、気持ちよくレッスンが進みます。


言葉の最後に「っ」じゃなくて、「~」が付く感じです。


感じですっ

感じです~

ってことですね。


しかも暑いと、一層この傾向が強調され、どんどん夏の金曜は、ゆるくなる。


そして、帰るとき。

大体の人が出勤するのに、まるで、美味しいものを食べて「ごちそうさま~」みたいに、ほのかににっこり。

「いってらっしゃい」と言うのも、とてもうれしい金曜日です。



0 コメント

2015年

7月

25日

新しい戦隊シリーズ、じゃなくて、アナトミック骨盤ヨガ

今日は、特に暑かったような・・・

そして、アナトミック骨盤ヨガも、特に熱かったような・・・


アナトミック骨盤ヨガは、骨盤周りの筋肉を鍛える、エクササイズ要素が高いヨガ。


「骨盤ヨガ」と聞いて、女性向けのリラックスしたヨガと思いがちだけど、そうじゃないんです、これ。


女性だと、年齢とともに、これまで経験したことのない不調が、次々起きてきます。それを「年を取ったら骨盤が開いてきた」などと、ざっくり表現することも多いですね。


だけど、正確に言うと「年を取ったら、骨盤周りの筋肉が衰えて、腰回りに脂肪がつきやすくなった」、「背骨の土台となる骨盤が安定しないため、体を支えにくくなり、体が必要以上に緊張してストレスがたまりやすい」ということなのです。


だから、レッスンも、かなり厳しい。上の写真、普段のヨガでいうチェアポーズ、これを75分のうち20分は練習します。


このポイントは、脚を骨盤にはめる。そうすることで、脚の動きが改善されます。(この話は、この前のイベントのときも書きました。こちら


で、足がしっかりはまったら動かす。膝を少し曲げたウォリアー3など、ホールド時間も長い。あちこちで、「はあああ」というため息が聞こえるのです。Tamaki先生の応援がなければ、戦えません。(戦いじゃないけど)


だけど、汗だくになって、動いた最後のシャバアサナは、とても気持ちいい。骨盤周りがスムーズに動くと、リラックスにもつながると、Tamaki先生が言っていた通りでした。


帰るときは「まだ10時前なんだけど、今日一日分以上の活動をして、残り15時間ほど大丈夫かな?」と、少し不安だったけど。


でも!

実は、残り15時間、むしろ体が軽い。

予想以上に動けるし、恐らく、あと数日は、そんな状態を維持できます。頑張った自分を、少しほめたい気持にもなります。


今日は5人の戦士たち。(だから、戦いじゃないんだって・・)

「頑張りました」感いっぱいの、すっきりした笑顔が、本当にいいなと思います。

「アナ骨戦隊、ヨガレンジャー5!」みたい。


じき、次回のレンジャー募集も、始まります。こぞって、応募して下さいね!(オーディションか・・)


0 コメント

2015年

7月

22日

青春(死語?)なパワーヨガ!

自分が毛皮のある動物じゃなくて、本当によかった。夏に強いはずの猫ですら、ぐったり。まあ、この猫は特別に太ってるから、なおさらだと思うけど。

 

春先に毛を刈りとられる羊とかも、その時は、猛烈に抵抗するかもしれないけど、きっと今頃は、農夫さんに感謝してるはず。

 

刈りとったら両腕いっぱいにもなる羊毛がくっついたまま、夏を迎えるとしたら、もし自分が羊なら悶絶間違いなし。極上の純毛もこもこセーターを重ね着して、夏を過ごすようなもんでしょ?

 

ばあああああ、と絶叫し、川にまっしぐらに飛び込む。

ばーあ、川の水は、ひんやり気持ちいい。

川から上がったら、羊毛が水を含んで重いっ!

乾かすために、駆け回って、また暑くなる。

 

この繰り返しで、夏が終わるころには、羊毛の下は、げっそり痩せてるかも。


こんな羊がいたら、笑っちゃう。

モンゴルとか、羊が普通に飼われている地域には、こういう笑い話ありそう。

 

おとといのパワーヨガ。

何しろ、朝から暑い。梅雨明け1日目にして、これじゃ先が思いやられる。みんな、口々に同じことを言いながら、冷房の利いたスタジオにやってきました。

 

そして・・羊毛どころか、エアリズム的、かなりの薄着で戦いに臨んでも、「冷房の意味はあったのか?」というほど、汗かきます。

 

最近よく練習する、トカゲのポーズや、ヘッドスタンドなど、チャレンジポーズ一杯。

この日は、ベーシックだけど、みっちり体幹を鍛えるポーズが多かった気がします。

 

みんなと一緒だから、頑張れる。(ももクロ?)

よれよれになっても、あきらめない!(青春!)

「3,2,1」とカウントがかかると、再び戦う。(プロレス?)

いや、そうじゃなくて、ヨガヨガ。

 

90分後には、若干「夢から覚めました」な体。

 

入れ替わりで、のびのびヨガに来た人が、「この前は、どんなレッスンだったんですか?みんな、なんか足元が・・・」と、訝しげ。


いや、これはこれでいいんです。

パワーヨガだから。(←意味分かんない人は、一度出てみてください。すぐに分かってもらえると思います。)



0 コメント

2015年

7月

20日

洗濯機とハチの呼吸とヨガ

木曜の朝ヨガはNaomi先生の番。


この日の朝は台風の前で、ものすごく蒸し暑かったので、「陽のヨガをしましょう」と、少し動きの多いヨガでした。

 

まあ、梅雨が明けたとたんに、熱中症で生命の危機を感じるようになった今は、数日までのじめじめした天気すら、楽だったように思いますけど。


呼吸も、体を温めるウジャイブレスや、頭をクリアにするハミングビー。特にハミングビーは、気持ちいい。

 

ハミングビーは、口を閉じて鼻から息を吐くときに、ハミングするように音を出す呼吸。ハチがブンブン飛ぶような音がします。軽い振動が、骨を通して顔全体、頭に伝わります。

 

動きのあるポーズにもハミングビーを合わせると、周りの音が,しだいに消えていきます。頭の中でブンブンする音が、要らない考えをきれいに剥がしていきます。

 

今はやりの「振動で汚れを落とすミニ洗濯機」と同じ理屈かもしれない。

 

今、口を閉じて、鼻も割と閉じ気味で、ブーーーーーーンなんて、やってる人いませんか?

 

ね?

思った以上に、楽しいでしょ?

無心に集中できて、リラックスできませんか?


===========

お知らせ

Naomi先生の日曜英語ヨガ、8月から時間が変わります。

ハタヨガフロー AM10:00-11:15

ハタヨガソフト AM11:45-13:00



0 コメント

2015年

7月

18日

グラドルヨガ?!

 

今日の、のびのびヨガ

 

メインのポーズの一つは、グラビアアイドルポーズ、もとい、セクシーポーズ。


まあ、隣のイラストは、いつもどおりで、グラドル感0。でも、生ポーズは確かにセクシーポーズに見えなくもないです。


タイトル見て、鯉がえさを吸い込む並みにクリックしちゃった人、あれこれ妄想中の人(笑)、それよりは自分でやってみてほしいんですけど。


グラビアアイドルのポーズ(?)

  1. 右脚を伸ばして座り、左足を右膝に乗せます。
  2. 両手をお尻の後ろに付いて、そのまま左膝を右側に倒します。
  3. 右の脚の上を左脚が飛び越えます。
  4. 上半身は左側にツイストして、左手を右の膝の後ろ位に起きます。
  5. 座ったツイストです。
  6. 視線は右膝の方。

 

これで、左の脇を縮め、右の脇を伸ばします。

よくわからない・・という人は、のびのびヨガのレッスンでリクエストしてくださいね。

 

脇腹は、いろいろとリンパが流れているので、伸ばしたり、縮めたりして、老廃物の滞りを改善するのです。ウエストにも効きます。


Mizue先生によると、ヨガのポーズは、もともとは瞑想するときの座るポーズ(パドマアサナ)しか、ありませんでした。

                    

後に、瞑想に集中できるように、足や体感を鍛えるポーズが、次々に考えだされ、それも長い時間を経て伝わってきたのです。

 

今あるポーズで、ほぼ大体の体の動きは網羅しているとか。それでも、どんどん新しいのが作られていくんでしょうね。人間の想像力は尽きないから。

 

そして、自分で好きなポーズを作るのもOK.どんな名前をつけてもいいのです。それが、今日の「グラビアアイドルのポーズ」または「セクシーポーズ」ということで。

 

 

さて、来週月曜、7月20日は休日。

いつもは、月曜が休日のときは、パワーヨガのびのびヨガは休講なのですが、今回は開講します!

 

夏目前に、がっつり!汗をかく、パワーヨガ。

簡単だけど、しっかり伸びる、のびのびヨガで、グラドルポーズ?

どっちにする?


0 コメント

2015年

7月

14日

脚が長くなるヨガ..は、残念ながらない

先週のメンズヨガに、東欧出身の男性が来ました。ひとしきり雑談した後、

「日本に何年いらっしゃんですか?」

「15年」

「・・日本語話せるんですか?」(ここまで英語)

「はい」

 

先言おうよ、先に。

 

表参道に、茶道を習いに来ているのだそうです。

平日は仕事で忙しいから、週末は心を落ち着けたいと、茶道を始めたとか。そして、体調も整えたいので、メンズヨガにも来た。お手本のような充実の週末じゃないですか。

 

背が高く脚も長い、こちらの男性を見ていたら、昔、アメリカの人と、男性の趣味(好み)の話をしていたのを思い出しました。


「イケメン、お金持ち、脚が長い(←言いたい放題)」

と言ったら、

「最初の2つはわかるが、脚が長いってのはなんだ?人間は脚が長いもんだろう?」と言うのです。


「No, no, no, no!」

と、日本人の友人(男性)と私。 

 

ヨガで痩せる、は、まあまああるけど、ヨガで脚が長くなる、なんて聞いたことない。O脚やX脚の形が整うことで、長く見えるようになるというのはありますけどね。

  

さて、以前、ヨガ体験談を書くために、メンズヨガに参加された方をご紹介しましたが、体験談はこちらです。(↓)カラスのポーズ、頑張ってますねっ。彼も、足長いです。

 

そのブログはこちら。

http://www.sexymo.co.jp/body/mens_yoga.html


ぁああ、今日はとりとめなさすぎなブログでごめんなさい。

暑いもんで.. m(_ _)m


0 コメント

2015年

7月

12日

「ごめんなさい」(?)な、頭を下げるヨガ

「ごめんなさい」感いっぱいだけど、何に対して?


頭を下に下げるポーズは、気持ちを落ちつけたり、謙虚な気持ちを表すと言われています。

 

このポーズ、頭を深く下げる日本人のお辞儀にも、通じるものがありませんか?

 

ぎっしり実が詰まった稲の穂が、どんどん重くなり、地面に垂れ下がっていく様子を、日本人は美しい所作と考えています。身心ともに満たされている人ほど、他の人や自然への感謝を忘れない。

 

学校の教科書で習って以来、忘れていましたが、前屈していたら、思い出しました。

 

英語にも「That boughs that bear most hang lowest」ということわざありますよね。

 

ヨガも同じ。

 

「頭を下げる」動作が、洋の東西を問わず、同じことを表すのも、面白いです。


写真は、朝ヨガ月曜のKeiと、朝ヨガ水曜のりいの先生。

立った前屈は、膝は曲げてもかまいません。脚の後ろ側をしっかり伸ばします。

 

何に対して「ごめんなさい」かは、依然わかりませんが、普段は、稲の穂のことなど、全然考えていないから、こういう時間も必要だと思います。  

 


0 コメント

2015年

7月

12日

K YOGA7月のイベントのお知らせ

7月後半は、イベントや休講で、少し予定が変則的になります。


【休講】

7月13日(明日です)

パワーヨガ、のびのびヨガ休講


7月16日(木)自力整体ヨガ休講


7月20日(月)休日なので、朝ヨガは休講


【イベント1】

7月20日(月)海の日

パワーヨガ AM10:30-12:00 by Mizue

のびのびヨガ AM12:30-13:30 by Mizue

どちらも予約不要です。


いつもは、月曜が休日のときは、パワーヨガ、のびのびヨガは休講なのですが、夏休み記念(?)で、7月20日は、開講します。


パワーヨガ初めての方も、ぜひ!チャレンジしてみてください。

のびのびヨガも、きちんと呼吸に集中できると、しっかり汗をかきます。


Mizue先生が言うには、発汗は排尿に比べ、デトックス効果が6倍も高いそうです。しかも、体内に取り込んだ金属性物質の排出は、発汗でしかできないとか。


こんな風に聞いたら、ぜひともやらなくちゃ!と思いませんか?


【イベント2】

7月25日(土)

アナトミック骨盤ヨガ AM08:30-11:45 by Tamaki

Mizue先生の夏の陰ヨガ AM10:30-12:00

だいたい12名くらい

こちらから予約をお願いします。


アナトミック骨盤ヨガで、もっと動く体を作るか。

陰ヨガで動きすぎた体を、もっと落ち着かせるか。


どちらも、レギュラークラスではないので、暑い夏の始まりに、気分を変えるのにもいいと思います。


0 コメント

2015年

7月

08日

(続)ヨガ・ビフォーアフター:前屈編

昨日、水曜の朝ヨガ


先週の続きで、ヨガ・ビフォーアフター。

いつも、りいの先生の朝ヨガに参加される、お二人の前屈のポーズを撮らせてもらいました。


お団子ヘアの彼女に注目。

上の写真が、最初の前屈。

下のが、アフター。


この間に何をしたかというと、少し休んで深く呼吸をしただけなのです。

わーお!


風にしなる、柳の枝みたいです。

何に抵抗するわけでもなく、ただただ自分の重みで下に下りていく感じ。

こんな風に力が抜けたら、気持ちいいでしょうね。

本当にいい感じ。


さて、この日は、夏も近いせいか、、女子的キーワードが一杯のレッスン。

二の腕がぷるぷるするチャトランガのバリエーションや、ヒップアップに効くというか、効きすぎるポーズ。


で、途中で笑いだす人続出。

想像を超える(ハードな)ポーズに悶絶の後は、楽しくなってきて、大きな口を開けて笑いたくなる。何故ですかねー。


0 コメント

2015年

7月

07日

K YOGAへのアクセスはこちらです。

もう夏休みになった気分で、薄着してたら、いきなりの冷え込み。一度、暑くなった後は、すごく冷える気がします。風邪ひいてる人も結構いますね。


たった今、私は電車の中で、ノートPCでこれを書いています。隣に座った紳士が、ノリノリ(死語)で、鼻歌以上のボリュームで歌を歌い、カバンを指で叩いてリズムを取っています。うるさいよっ!xxx(←放送禁止用語)


どうも演歌みたい。おそらくカラオケ行ったら、身振り手振りつき、周りに座っていた人が、だんだん遠のいていき、気付いたらワンマンショーなタイプではないか、と推測しています。


だけど・・

ちょっと待って。


もし、この紳士と別の場所で会うことになったら、あるいは、スタジオで会うことになったら、また違うのかも。


チャトランガができるまで、Mizue先生が、「はい、つぎっ」って言っても、練習しちゃう熱いメンズかもしれないし。


安くておいしい中華料理屋さんで、鍋振ってるのかもしれないし。


私の苦手な画像加工が、お手の物のデザイナーさんかも。


もし、そうだったら、カラオケで羽目外しても、お茶目☆って、思うのかもしれないです。


ちょっとだけ自慢ですが、ヨガを始めてから「キライ!」の前に、少しだけスペースができました。目に見えないほど、本当に少しですけど。


あなたは、どうですか?何か変わったことありませんか。


今日、書きたかったことが、全く書けませんでした。

スタジオにいらっしゃるのに、道に迷う方が多く、本当に申し訳ないので、HPのスタジオアクセスのページをリニューアルしました。

というお知らせです。


よろしくお願いします。


0 コメント

2015年

7月

04日

うなされちゃうメンズヨガ

「肩耳遠くー」

この声が耳から離れず、うなされるメンズ。

 

まあ、若干脚色入ってますが。


メンズヨガで、Mizue先生がいつも話すのがこの言葉。

 

頑張るあまり首がすくんで、いつも目いっぱい肩に力が入ってる。

こんな人が多い。

 

しかも気付かないままだから、肩コリや、呼吸が浅くリラックスできない状態が続くのです。


でも、ヨガには、首がすくんでいいポーズは、はっきり言ってありません。

首は長く肩は力を抜いて。

 

で、ある男性が言うには。

 

いつも、この言葉を聞いていたら、ある日、自宅でも自分の耳に、リピート再生されていた!!

「肩耳遠くー」

「肩耳遠くー」

そのたびに首を長く伸ばしてる自分がいたのだとか。

 

いいですねっ!

 

だって、レッスンでどれだけ姿勢を整えても、あなたの生活の大半はヨガスタジオにはないのです。

 

だからスタジオにいない時間に、どれだけスタジオでやったことを実践できるかが、大事。

 

普段から、Mizue先生が言うように、肩の力を抜くことができたら、きっと毎日が5%くらい楽になるような気がします。

 

注:なんで5%か?

レッスンで、自分の姿勢に本当に集中できている時間って何分くらい?せいぜい10分くらいでしょう?

1日24時間のうち、約16時間起きているとして。さらに自分に意識を向けられる時間は、その半分くらい。仕事したり、電車に乗ったりしますからね。

10分/60分 x 8時間/24時間 =5.6%

 

【お知らせ】

夏休み目前、7月25日、Mizue先生のイベントがあります。


”Mizue先生の夏の陰ヨガ”

7月25日(土)

AM10:30-12:00

(この日はパワーヨガは休講、のびのびヨガ、メンズヨガは通常通りです。)

だいたい12名くらい。

 

レギュラーレッスンにはない、

Mizue先生の陰ヨガ。

滅多に受けられません。

お見逃しなく。



0 コメント

2015年

7月

02日

ヨガ・ビフォーアフター:前屈編

ヨガのポーズは、あるとき突然できるようになる。


ん?(初めてだから状況がわからない)

そして

できた!(やっとわかる)

 

ほんの一瞬だけど、このステップを踏んで、じわじわとうれしくなってくる。


「これ、こんなに伸びるんだあ!」と、一人で感激していると、みんなは次のポーズに移ってて、慌ててついていく。

 

この一瞬は大事、大切にしないと。なぜなら、本当のハードルは、2回目より先にある。

 

次のレッスンで、そのポーズになると、

「この間はできたけど、今日はできるのかな。あれは、まぐれじゃないよね。」なんて、さらにどきどき。

 

前回は、できる気がしてなかったので気楽にやれたのに、今日のほうが、かえってプレッシャー。

 

で、できなかったりする。

 

やっぱりね。

こんなもんだと思ってた。

 

もう一度やりたくても、ポーズはどんどん進む。最初の感激が大きいほど、がっかりする。

 

でもヨガのいいとこは、ポーズがどんどん進むこと。進みましょ。


ヨガのもっといいとこは、3回目があること。4回目も5回目もある。そして、もう一度できるときが来る。


「あ、できた」と、大分クールな対応で、控え目に喜んでみる。大喜びの後の失望も経験済みなので。

 

そして、できたり、できなかったりを繰り返し、「できても、できなくてもいいや」と思えた時に、できるようになってたりする。

 

写真は、りいの先生の朝ヨガのときの前屈ビフォーアフター。1回目は上の写真、2回目が下。

 

決して劇的な変化じゃないとこが、リアル。

だけど、明らかに違います。

これが、昨日。

 

来週はどうかな。


0 コメント

K YOGA Studio ☎090-4202-4076 東京都渋谷区神宮前4-3-15 東京セントラル表参道120号

ヨガインストラクター、アシスタント募集中です。